オランダ仕掛けで魚を釣ろう

 

僕が知る限り、もっとも手軽に釣れる仕掛けは「オランダ針」だと思う。ウキやオモリ調整の必要もないし、多少の波や風の影響も受けず、コツさえ掴んでしまえば、ほぼ確実に釣れる。小さな子供と釣りをするならお勧めの釣法である。

1.オランダ針の仕組み


下図の<オランダ仕掛け全体図>を見てほしい。必要なのは「のべ竿」と数百円の「カゴ付きオランダ針」、そして「練り餌」だけである。あとは釣り竿に仕掛け糸を結び、練り餌をカゴにつめるだけだ。釣り針に餌をつける必要はないので子供でも簡単にセットできるだろう。

原理は簡単である。右上の図のように川底に沈んだカゴの中から練り餌が溶け出し、煙幕となって下流へ流れて行く。その匂いにつられて魚たちが集まってくる。魚たちはキラキラと光る釣り針を餌だと思い込み、食いつくという仕組みだ。緩やかに流れのある川ではよく釣れ、急流や止水ではあまり釣れない。

大切なことは、<緩やかな流れのある川で釣る><カゴを落としたポイントよりも下流側に立つ>、この2点である。

2.用意するもの

a. つり竿(ウキ釣り用の「のべ竿」でよい)
b. 練り餌(釣具店の、鯉やフナ釣りコーナーに置いてある)
c. オランダ仕掛け針(カゴ付き)
d. 練り餌用の入れ物(プラスティックケースや茶碗でもよい)

その他、バケツや魚篭、簡易ポンプなどがあれば、釣れた魚を見ることができてよい。

必要なものは練り餌(左)とオランダ針(右 練り餌をつめるカゴがこれ↓



3.釣りの準備

1.入れ物に練り餌を適当な分量入れる


2.餌の量に対し、半分くらいの水を入れる。
目安は耳たぶくらいの柔らかさ、でもあまり
こだわらなくても釣れるから大丈夫

3.少しずつ水を加えながら、こねて行く


4.つり竿にオランダ針セットを取り付けたら
カゴの中に餌を詰める

5.山盛りに詰めてもいいが、固めてしまうと
煙幕効果がなくなるのでソフトに詰めよう


6.あとは川の中にカゴを落として、じっと
アタリを待つ。人間はカゴよりもやや下流に
立つこと

7.じっと待っていれば、「ほら釣れた」


8.オイカワという魚。
とてもきれいな色をしている

*右上の X 印 をクリックしてブラウザを閉じて下さい