日本の渓流にはニジマス、ヤマメ、イワナなどが生息しています。彼らは昆虫や小魚を主食としており、ルアーフィッシングの対象魚です。渓流で使われるルアーといえばスピナーやスプーンが一般的ですが、下の写真の様な魚を模したミノーでも、十分に楽しむことができます。


1.ミノープラグは操り人形なのだ

リトリーブ時の泳ぎ方や、きらめきで魚を誘うというのは、どのルアーにも共通した特性です。しかし、ストップアンドゴーが可能だという点は、ミノープラグ独自のものではないでしょうか。つまり、リトリーブの途中でストップさせて誘ったり、首を振らせて弱った魚を演出したり、また泳ぐスピードを変化させたりとミノーは演技多才な役者です。そしてアングラー自身が演出家というわけです。

ハンドメイド taki-minnow (5.2cm スローシンキング)

* チタンリップ & サスペンションフック使用

2.釣り方

実戦で覚えるのが一番!
水温や水量などの自然条件によって釣れ方は様々です。雑誌や熟練者に聞くのも良い方法ですが、あまり知識や理屈を詰め込むよりも、ボーズでもかまわないからできるだけ多くフィールドに出るようにしましょう。

下の写真を見て下さい。


魚は、流れてくる餌を狙って、ほとんど上流の方向を見て泳いでいます。したがって上流に向かってキャストするのが一般的でしょう。

私はあえてA地点にファーストキャストしてみましたが、BとCの岩璧やその対岸の岩陰から、ヤマメが飛び出してきました。2度キャストして2尾釣り上げましたが3度めのキャストには一匹のチェイスもありませんでした。つまり、よほどの熟練者でない限り、同じポイントへのキャストは3度が限界で、その後は別のポイントに移動するのが得策だと考えます。
(例外として、食い気のあるイワナなどは、しつこくキャストして食わせることも可能です)

また、いきなりA地点にキャストせずに、C地点に3度キャストしてからB地点に3度、というように手前から攻めた方が効率が良いでしょう。ただし、魚に気づかれぬよう注意して下さい。

どの地点を攻めるとしても岩壁ギリギリを狙って下さい。ルアーを傷つけたくないからと、手前に落とすようなキャストではヒットの確率を落とすだけです。

渓流に適したミノーとは?

ブラックバスなどの止水の釣りとは違い、激しい流れの中を泳がせるため、バランスの良いミノーが求められます。また写真のA地点になげた時の様に、水流と同じ方向に泳がせることも多いので、少ない抵抗でも良く泳ぐミノーでなければなりません。その他、写真のC地点の様に短い距離での勝負の場合、すぐにミノーが足元に戻ってきてしまうようでは、せっかく魚のチェイスがあっても、ヒットはしません。できるだけ長い時間水中にとどめておきたいものです。

つまり次のようなミノーが理想だと考えます。

 1.水の抵抗が少なくても良く泳ぐ。

 2.激しい流れの中でも飛び出すことのないバランスの良いもの。


 3.短い距離でもできるだけ長い時間、水中でアピールを続けていられる

 条件を満たすミノーは少々高価ですが釣果は違ってくると思います。たとえ根掛りがあっても、渓流の場合は歩いて回収に向かえるポイントも多く、ロストの数は少ないと思います。
その他、釣行記にも細かい釣り方が書いてあります。どうぞ、ご覧下さい。