2000/09/04  神奈川県リバースポット早戸

朝6時前にリバースポット早戸に到着。受け付けを済ませてキャストするまでに10分もかからなかった。最近の不釣によるストレスを一挙に解消するためにやって来たのである。まずは早いところ魚の感触にありつきたかった。早速カエルミノーをキャストする。水深のないプール状の管理釣り場では、スローシンキングのtakiミノーよりも、カエルミノーが効果的だ。これは前回の経験からも明らかである。
着水後、波紋が消えるまで少し待ってから、ゆっくりとリトリーブする。「グググッ!」来た!!自然河川とは違うあまりの容易さに少し戸惑ったが、すぐにあわせをいれた。おっと!バラシである。しかし少しも悔しくないのが管理釣り場のいいところだ。何しろ、目の前には数えきれないほどのニジマスが泳いでいるのだ。

カエルミノーのトリプルフックを少し大きめのダブルフックに替える。バラシ対策である。少しテンプラ気味にキャストすると着水と同時に食ってくる。ほとんどが25センチ前後のニジマスで、たまにブラウンが混ざる。さすがに40センチ級はまれである。
10時頃雨が降り出したので簡易タープを張り、フライとテンカラの友人2名と釣り談義に花を咲かせてビールを飲む。この時点での釣果は20尾を超えていた。いつものワイルドな釣りに比べると何とも容易である。これは大名フィッシングだ。楽勝である。


しかし、この余裕はいつまでも続かなかった。大切なカエルミノーが、木に引っ掛かってしまったのである。予備は持ってきていない。祈るような気持ちでラインを引くが、ブレイク。この時点でツキには見放された。
仕方なくtakiミノーをキャストするが反応はまったくない。たまに小さいのが追ってくるが追いつかない。ニジマスの群れの中を空しくtakiミノーが通りすぎる。何度も何度もキャストするが釣れない。水深のある堰堤や渓流の時とはまるで違う。今のtakiミノーは役立たずの「釣れないミノー」であった。

午後2時の放流からトレーラー(スプーンのフックを外し、40センチほどのラインを結び、もう一方に毛ばりを結ぶ。)で5尾ほど釣り上げたが、すぐに反応がなくなってしまった。その後スピナー等を駆使して5尾ほど釣り上げ、気が付くと辺りは薄暗くなっていた。
一日の釣果は40尾弱であった。

釣り番組などで「まずは管理釣り場で練習してから・・。」という言葉を耳にするが、自然河川とはルアーも釣り方もかなり違う。管理釣り場をミノーで攻める場合は、次の4つが決め手となる。

1.フローティングタイプを使う。
2.自然界に存在しないパステルカラーや目立つ色が良い。
3.とにかく動きの良いもの、派手なアクションのものを使う。
4.超スローリトリーブ
カエルミノーは上の条件に合っているので使用したが、べつにカエルの姿をしている必要はない。