2001/03/03 解禁直後の早戸川


今日は解禁直後の土曜日である。川は混み合っているに違いない。朝早く行ってもキャストする場所はないだろう。ゆっくり自宅を出て9時半頃現地に着いた。辺りは数人の釣り人がいるだけで、淵のポイントにも今日は入れそうである。これなら問題なくロッドを振れる。しかし当然場荒れは覚悟しなければならない。

国際ます釣り場の渓流魚釣り場を超えて、一つ目の滝の上流から釣り始める。淵にも瀬にも魚の姿は無く、ミノーに対する反応もない。途中出会った年配の釣り師はさっぱり釣れないと言う。その次に出会った釣り師にも声をかけてみたが、やはり今日はゼロだそうだ。「僕はいつも千曲川に行くんだ。あそこはいいよ、リリーズしたものを抜かして数えても40は釣れる」岩に腰掛けたその釣り師は、うつむいてタバコに火をつけながらボソっと言った。

釣れないショックなのか、まるで元気がなかった。私などは毎回釣れなくても当たり前、釣れても数匹の世界なので何も感じないが、二桁釣果が当たり前の人には、この事実が許せないのかも知れない。

大きな淵で魚がミノーに触れる感触がある。何度もトレースしてみたがフックには乗ってこない。しばらくしてやっと釣れたのは意外にも淵ではなく瀬だった。まさかこんな雪も残る浅瀬に食い気のあるヤマメが潜んでいたなんて想像していなかった。水温もだいぶ低いはずだ。右上の写真が釣れた場所であるが、水深はヒザぐらいまでしかない。川幅は5メートルくらいである。前回釣れた中津川のヤマメと違い、ピンク色にそまってはいない。銀色の普通のヤマメであった。こうなると中津川でカメラが使えなかったことが悔やまれる。

次に釣れたのは大きな淵だった。上の写真中央にある大岩の右にキャストした。着水と同時に軽くロッドをあおって、ミノーの体制を整えてリトリーブ。反応はすぐに来た。久しぶりにすごい引きである。右へ左へグイグイ動きまわる。アングラーにとってこの時間が本当に楽しい。しかも今日はギャラリーがたくさんいる。釣り番組のように少し格好をつけてしまった。静かに足元に引き寄せ、さっそく写真撮影。一枚目が左上の写真。

ここからが大変だ。二枚目を撮ろうとファインダーをのぞいたところ、妙にミノーと魚の距離が開いていることに気づいた。「あっ、外れてる!」
右手にカメラを持ち、左手で魚をつかもうとした瞬間、ヤマメはスッと逃げた。それを追って私も飛びかかる。何度か繰り返した後、ついに深場に逃げ帰ってしまった。周辺のギャラリーは見てみぬふりをしてくれている。そのすきにそそくさと退散した。