2003/05/10 初渓魚はニジマスだった

解禁から満足な釣果もなく、藤の花が咲く季節になってしまった。
木立からこぼれる柔らかな光が濡れた岩に反射している。
その岩に向かってミノーを投げると小さなヤマメがサッと逃げた。
彼らは僕を幸せな気持にさせる。
何しろこの2ヶ月、渓流魚の姿を見ていないのだ。



対岸に小さな流れ込みがあった。
照準を白泡に合わせてキャストする。
水中の壁にじっと張り付いていた魚がミノーに気づき、スーッと追ってきた。
すぐさまムチを入れると相手もたまらず喰らいつく。
にわかにロッドは重くなり、ゴンゴンゴンという衝撃波が伝わってくる。
しかしダメ、ミノーはあっけなくすっぽ抜けてしまった。
その後、未練がましくキャストを続けたが音沙汰なし。

そのまま下流まで移動することにした。
ポイントを休ませている間に他を釣り、戻って来たときに再挑戦するのだ。




キャンプ場前にある幅5メートルほどの緩やかな流れ。
水深があり、大きな底石が転々としている。
支流の流れ込みに立ち、はるか下流に向かって思いっきりキャストする。
ダウンストリームの場合、派手なアクションは無用である。
時折ロッドの先を震わせる程度でいい。

ガツンという当たりではない。徐々に重くなる引きを感じた。
魚だとわかるまでに何秒かかっただろう。重い!大きい!
鼻の穴が広がる。久々の興奮だ。

僕のいる位置から下流へは深場で移動もままならない。
船を漕ぐようにロッドを引くと、相手はまるでダンサーのように身をくねらせる。
その魅力的な魚体は幅広で、時折ギラリと乱反射している。


それは一瞬の隙だった。
相手は緩んだラインを見逃さなかった。
やがてスーと軽くなり、悶えたままの魚体がミノーから離れると
そのままどこかへ流れて去ってしまった。

「ワッ!」
キャンプ場には人がいる。
でも関係ない。
大きな声を上げて地団駄を踏んだ。
ゴルファーのボギーやサッカーのミスゴールとは訳が違う。
ギャラリーは彼らの派手なアクションを期待している。
しかし、丹沢の「がけっぷちアングラー」のバラシにそれは無い。
なのに、ともすると膝まづき天を仰いでくやしがる。



幸い、休ませておいた流れ込み付近をもう一度探り、25センチオーバーのニジマスを釣り上げた。
どうしても取り逃がしたくない僕は何度も何度も合わせを入れ、
「もう逃げるな」という言葉を呪文のように繰り返し、
逃げられる心配のない小さな水溜りに魚を引き入れ、写真撮影を終えた。
それは釣りを始めて間もない子供のような、ぎこちない取り込みであった。