2004/03/13 釣り師も肌の手入れは大切なのだ!早戸川ヤマメ釣行


解禁から2週間が経つ。首都圏から近いこの川はすぐに釣りきられてしまう。釣った魚は食ってしまうのが僕の主義だが、こうも数が少ないと、ついリリースしてしまうのである。逃がすときには「おまえ絶対、俺以外のアングラーに釣られるなよ!餌を食うときは夜食え!特に土日の昼間は絶食だ。いいか!次に俺がここに来るまでじっと隠れていろよ。そしてtaki-minnow が流れてきたときだけ一気に襲い掛かれ!」と優しく言い聞かせながらリリースするのである。しかし約束を守ったヤマメは1尾もいない。一方、フックで重症を負わせてしまったり、かわいくてほお擦りしているうちに弱ってしまったヤマメは持ち帰る。塩焼きバター焼きにして地酒と共に喉に流し込むのもなかなかよい。


解禁日とは打って変わって暖かい。これなら淵の底でじっとしていた魚も瀬にでてくるに違いない。瀬のミノーイング、しかも接近戦が何よりも面白い。しかも今日のように水量が少なめであれば尚楽しめる。もちろん水が豊富に流れていれば魚も動くし、よく釣れる。しかしクリアな水の小渓流で、ヤマメを間近で追いながらのサイトフィッシングには興奮させられる。魚信を感じてから魚とのやり取りが始まる脈釣り的なものとは違い、魚が目の前の岩を飛び出した瞬間からライブが始まるミノーイングは、もう何年も僕をとりこにしている。


3本松から入渓して、一歩ずつキャストして歩く。早戸川にフラットな瀬はほとんどなく、見た目に浅くてもウェーディングしてみると以外に深い場所がある。そんな所に魚は隠れているのかも知れない。そう考えると、どの場所ももったいなくて飛ばすことができないのである。しかしうまくキャストが決まらない。ミノーが左にばかり飛んでいってしまう。よく見ると右の人差し指の肌が荒れている。これにラインが引っかかり方向が定まらないのだ。人差し指の手入れが意外に大切なことを初めて知った。

流れの中央に大岩があり、その陰からヤマメが飛び出した。Taki-minnow を必死に追っている。食べやすいようにミノーをストップさせてツンツンと少し躍らせる。追いついたヤマメはガブッ!・・・とはやらなかった。コツンというかすかな魚信だけを残してUターン。僕はこういうときに冷静ではいられない。「がっ!」という叫びとも、気合ともとれない不思議な雄叫びをあげて悔しがるのである。

同じ状況が何度もあった。警戒心が強いのかも知れない。フックを交換してみる。自作の極細フック、これなら触れただけでも突き刺さる。三日月橋付近の大岩にむかってキャストすると良型のヤマメが追ってきた。ミノーが半円を描くその頂点に来たときにヤツの唇がフックに触れた。コンコン・・ロッドが跳ねる。最初、敵は状況が飲み込めていなかったのか小さな魚信であったが、すぐに狂ったようにあがきだした。こっちにだって意地がある。ここで逃げられたら僕はどれだけ大きな雄叫びをあげなければいけないのか。
足もとでパタパタと暴れている元気な魚体は21センチのヤマメ。食い気のある魚は腹から食いつく、ところがこの魚はテールフックをかろうじて噛んでいた。春先の臆病ヤマメには細く鋭いフックが有効だと思う。