2007/05/26  小渓流では根気よく
先週、この川でたくさんの魚影を見た。
ミノーを投げると、着水地点より離れた場所からヤマメが勢いよく追って来る。
2度目のキャストには大イワナが掛かり、ロッドを弓のようにしならせる。
力いっぱい合わせても、イワナはあわてず騒がずヌーとしていた。
それどころか「うざいなぁ」という感じで2度ほど首を振り、いとも簡単にフックを外してしまったのである。

今日はこの楽園でたくさん楽しもう。
そう思ったのもつかの間、ドドドド〜ン!
突然、腹の底まで震わすような雷鳴が響き渡った。
まだ数えるほどしかキャストしていない。
結局、1尾も手にすることなく退渓を余儀なくされ、残った時間を消化不良のような気分で過ごしたのである。

そこで次の日も来た。
ところが複数の先行者がいたために、その日もノーフィッシュ。
今日こそは宝石のようなヤマメを手にして、起死回生の喜びを味わいたいものだ。




細いけれど清らかな流れ。
岩に張り付いた苔の緑を、木漏れ日が鮮やかなライトグリーンに変化させている。
その岩の下へキャストすると魚がフッと顔を出した。
しかし、その後は二度と出てこない。
先週よりもずっと警戒心が強い。
この先もチャンスがあるとすれば、おそらく一度きりだろう。




上流へ向うほど蜘蛛の巣が多くなる。
それは先行者のいない証、喜ぶべきことだ。
しかし同時に試練でもある。
岩の隙間や流木の陰など、魚が付きそうなポイントには縦横無尽に糸が張られている。
ミノーはその中に飛び込んでゆかねばならない。
着水後にはべっとりと絡みつき、もはや軽快なスイムを期待できるものではない。
あらかじめオーバーアクションに設定されたtaki_minnowが、無理やり泳ぎながら戻ってくる。
ねっとりとしたペーストを取り除いては、さらにキャスティングを続けてゆく。
何度もそれを繰り返すので、小沢の釣りは大変疲れるのだ。




しつこく絡んだ糸を根気よく掃除する。
ラインからディップまで丁寧に取り除きながら、ふと横を見ると動くものがある。
ヤマメだ。
ヤマメの群れ。
僕の足元で戯れている。
彼らの警戒心が緩んでしまうほど、僕は長時間同じ場所に突っ立っていたらしい。



幅1メートルほどの水流が、大岩の横を舐めるように流れる場所。
その上流へキャスト。
ロッドを煽りながらリトリーブすると、taki_minnowは流されつつも細かくアピールし続ける。
岩の横を通過したその瞬間にヒット!
ブルブルブル!
流れから引き抜くと17センチの綺麗なヤマメだった。

彼女は、岩の下にじっと潜んで獲物を待っていた。
移動距離はほんの数十センチ、そのエリア内にミノーを送り込まなければ釣れない。
小渓流は、運が悪いと何百回キャスティングを続けても、ただの一尾も上がらないことさえある。
それでも僕は歩き続け、投げ続け、巻き続ける。
次回は別の渓へ、さらに奥へ、そしていつか大物を・・。
夢は果てしなく、そして尽きることはない。