3分で準備OKのショートウェーダー

過去にショートウェーダーを作ったことがある。
このウェーダーは、履いたまま折りたたんでズボンの中に収納できる。
自転車で釣り場に乗り付けて、ズボンの内側からそれを引き出せば3分で釣りOKだ。

20051207_000.jpg

↑ 釣りをしている間は上の写真のような状態、収納する時は右上のように折りたたむ。

20051207_001.jpg

↑ 折りたたんだウェーダーの上からズボンの裾をかぶせるとすべてを収納できる。

上部が密閉されていないために、真夏の釣行でも蒸れずに快適であった。
もともと新品のチェストウェーダーを、思い切って短くカットしたものだが、ハサミを入れるときは、それはそれは緊張したものである。
でも無事に自作は成功、釣行してみたら丹沢の渓流ていどならば問題なく使える。
釣り場で腰まで水につかることって意外に少ない。
急深の瀬が続く早戸川にだって何度も行った。

自転車でポイントを転々とする日には、今でもこれを使っている。