根掛りルアー 回収器の製作

金のない時期だった。
ディスカウントストアのルアー売り場で買おうか買うまいか、長い間迷ったあげくに安いロッドと300円のスプーンを買った。
それを持って早戸川へ行き、わくわくしながらキャスト!
しかし一投目で根掛りした。

川は増水していて入れない。
ところが目の前数メートル先には、引っかかった真新しいスプーンが揺れている。
ロッドを振るとスプーンもそれに答えて踊った。
立ち位置を変えてラインを引いても、あるは緩めても外れる気配はなかった。

悲しい思いでラインをぶっちぎった時、回収器の製作を思いついたのである。

20051214_000.jpg

↑ 穴から出ている針金にワンタッチでラインを通せる

↓ レスキューにむかう回収器

20051214_001.jpg

↓ スプリットリングをがっちりと噛んで放さない。ルアーも、こころなしかほっとした表情。

20051214_002.jpg

その後、釣具店でルアー回収器が売られているのを見た。
それは金具にフックを絡ませて取るというタイプのものだった。
でも僕のはスプリットリングの穴にカギを差込み引っ張り上げるので、ルアーを傷つけずに回収できるのだ。

しばらく腰にぶら下げて歩いていたが、ほとんど活躍の場を見ずに終わってしまった。
今振り返ると、そんなことを真剣に考えていた自分をちょっと笑ってしまうのだ。