ストリンガー

渓流ルアーの場合、僕はほとんどリリースだ。
獲って食うのが大好きなんだが、あまりにも個体数が少ないので、つい・・。
朝から漁師モードに入っている日は別として、怪我をさせてしまった時など突然お持ち帰りを余儀なくされる場合もある。
だから僕は数個、ストリンガーを作って持って歩いている。

20070730_00.jpg

と言っても、曲げたステンレスバネ材(針金だと強度に問題あり)を紐で結んだだけのもの。
これをグジュグジュ~っと丸めてカバンの奥に詰めておく。
釣れたら取り出して、魚が弱らないうちに口からエラにステンレス線を通し、枝か何かに結わいて水中に入れておく。

20070730_01.jpg

上流まで釣り上がったその帰り道、ちょっと寄って沈めて置いた魚を拾って帰るというもの。
むか~し、ヤマメをトンビにさらわれてから石をかぶせて上から見えないようにしている。
下の写真、右の岩を動かすと元気なヤマメが出てくる(マウスを当ててみてください)

20070730_03.jpg

(な~んちゃって!)
ただ、魚を忘れて帰るとそれはそれはかわいそう。
蛍光色のリボンなど、目印を付けて置くといい。
 
 
本日、我が家はコンビニで予約したウナギ弁当、

20070730_02.jpg

けっこう量が多くてフンワリうまくて満足だった。
今週はこれで乗り切るぞ~