登山に行ってあんな景色やこんな景色を楽しんだ

山岳サイクリングやってたって話しは以前書いたけどマナーを守れない一部の人が事故を起こしたり、ハイカーとトラブルになったりしてほとんどのコースが車両通行止になってしまった。
それ以来尾根にはご無沙汰、もっぱらM次中央の濡れた渓にばかり通い詰めていた。
しかし今回靴も購入したんだし「まぁ試しに登ってみっか」と山に行って来た。

20151121_0001_R.jpg

結論から言うと「行ってホントにホントによかったですぅ~」

同じ山でも渓流とはまったく違う雰囲気。
特に昔は男にしても女にしても色黒の汗臭いイメージの人がちょっとだけ多かった気がするけど、今は派手派手のウェアーに身を包んだ女子達がパァーン、パパーンって感じ。
オレ、そういうの大好きだから周囲を何度もキョロキョロと。。

朝早くからゆっくり登ってふと下界を見ると太陽に照らされた街がキラキラとまるで氷菓子のようだった。

20151121_0000_R.jpg

丹沢は12時きっかりにガスってくる。
だから頂上での景色を楽しみたければ昼までに登らなければならない。
途中休憩無し、その代わり超ゆっくり登る。
山ガールに追い抜かれても格好つけない、ひたすらゆっくり。
そしてそのご褒美がこの写真。。。

20151121_0002_R.jpg

すんげ~綺麗だったよぉ、山ガールが。
じゃなくて富士が。。
どぉ?↑このギャグ面白い?
えっ、スベった

頂上に到着して驚いた、み~んなカップヌードル食べてる~、猫もシャクシも。。
隣のシャクシはトムヤン系食ってた。

お昼過ぎたらものすごく混んできたので下山。
以前の僕だったら下の写真のような道を自転車でさ~っと下ったものだが、今回は地道に歩き。。

20151121_0006_R.jpg

麓まで降りてきたら観光協会の人たちが猪なべの炊き出しやってた。

20151121_0007_R.jpg

温かくてすっごく美味しかったよ。

「ちぇ、先行者かぁ」と人を嫌う谷よりも時々人に会って嬉しい登山の方が僕に合ってるなぁ、今後は登山に変更しよう!と思った。
でも降りてきて沢を渡るとき、水面下をなめるように見つめるオレはやっぱり生涯釣り人生なんだなぁって感じ。
まっ、今後もこんな風だね。