taki_minnow-WSSの開発

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

まずはテスト用に4センチフローティングミノーを作った。
尾の部分は空洞になっている。
WSSとはWater Storage System、つまり尾の部分に水を溜めてその重さでノーシンカーミノーを遠くへ飛ばそうというコンセプト。

IMG_20171118_111039823_R.jpg

次の日さっそくスイムテストに出かけた。
う~ん、ノーシンカーはいかにも釣れそうなレスポンスだけど逆引きするとちょこまかと落ち着かない。
水流に負けて飛び出すのは本体のバランスが悪いから。
そこであちこち削ったり曲げたりして真っ直ぐ泳ぐように調整する。
しかしほんの少し狂いが発生するとまたフラフラしちゃう。

IMG_20171119_103830222_R.jpg

そこであっさりノーシンカーを諦め腹部数か所に穴を開け重りを埋め込むことにした。
シンカーの重量や数、さらに位置決めのためにまた川に通う。

IMG_20171120_184235791_BURST000_COVER_R.jpg

穴を開けては重りを入れ、そしてまた穴をふさぐ。
もう本体ボコボコ。

IMG_20171121_175148734_R.jpg

しかしその甲斐あってバランスは取れた。
アクションを譲ることは出来ないのでシンカー効果はフラツキを多少抑える程度、これで良い。

IMG_20171122_210714938_HDR_R.jpg

残る課題は肝心のWSS、機能するかどうかもまだ微妙、さらにカビ発生のリスクや砂詰りなどのトラブルが予想され前途多難。
アクションは懐かしい初期 taki_minnow の派手派手引き抵抗。
色々試したけどこれが一番じゃないかと思ってる。
とりあえずこのシステムの良し悪しは魚に聞いてみないと判らない。