WSS不要論?!

ミノーの実釣テストに行ってきた。

IMG_20171201_151619304_BURST001.jpg

写真では綺麗に写っているかも知れないが、このプラグはアイをぐいぐい曲げたりリップの角度や位置をずらしたり腹に穴を開けて外科手術したりと今やボロボロになってしまったテスト品である。

その昔、僕の作品に批判的な人から「takiさんのミノーは使えませんから」や「taki_minnowの動きは明らかにおかしい」などなど言われたことがある。
実はこの辺がとても難しい。
つまり「世の中に無いから作った」製作者と「こんなの常識外だ」と感じる釣り人。
「絶対に販売しない」という意思があるなら独自路線を進めばよいのだが中途半端に販売など意識すると無難という調味料をつい加えてしまう。
自信がなかったのかも。。

古いユーザーさんなら記憶にあるかも知れないが、引き抵抗が大きなまるで小学生が里川で投げる少年雑誌の付録チックなブリブリと動き過ぎるお粗末なルアー、あれこそが僕の目指す渓流魚が好んで食いつく優秀なミノーだと信じてる。
いよいよ終盤に向かう製作人生をそのシリーズを作ることで締めることにしよう。

今回の実釣テストでは他のプラグよりも魚の反応が良かった。
それはまるでミネフジコみたいな美人先生が急に男子校に赴任してきた的雰囲気。
管釣の魚すべてが振り向いたもん。

IMG_20171201_135335811.jpg

悪いところもたくさん見つかった。

1.軽量化のために細すぎるワイヤーを使ったので魚が釣れるたびにスイム調整しなければならない。
2.そもそもの目的はノーシンカーだったのだがどうやってもスイムに落ち着きがなくてシンカーをいれたらサスペンドか超スローシンキングっぽくなった
3.華々しくデビューを飾るはずのWssはほぼ機能せず飛距離が50センチほど伸びただけだった。ってかシンカー入れた時点でWSSいらないじゃん状態。

あっ、そうそう、最近ふる~いユーザーさんから連絡もらったりして。
taki_minnow5センチシンキング_Amagoって覚えてる?
あれをまだ使ってくれてると知って嬉しかった。

さぁ、とりあえずバルサ買いに行こうっと。