釣れた瞬間うぉーって叫んだ

20171005.jpg

若い頃の僕にとって渓流釣りとは冒険だった。
本流を釣り、支流を試し、さらにはその枝沢にも入ってみる。
そんな小さな流れに魚がいるはずもなく当然何度もボウズをくらう。
しかし渓に包まれる心地よさと上流への探求心、それだけで十分豊かな気持ちになれたのである。

稀に大当たりすることもある。
足首くらいの流れの中からイワナが狂ったように飛び出してくる。
その快感は女性とのそれより上、何百万ドルもの金塊を掘り当てたのと同じくらいの喜びだ。
大袈裟?
普通の人にはそう思えるかも知れない。
でも釣り人なら理解してくれるでしょう?

年齢を重ねた今では冒険チックな高揚感はもうない。
しかし何百万ドルとはいかないまでも今回かなり嬉しい体験をした。

入渓してすぐに小さなイワナが顔を出す。
「魚影が濃いな」そう思った。

PA058527.JPG

ところがそこから先は何も出ず、ただただ水が流れるだけ。
深い淵や滝はいくつもあるのにどの場所からも生物的反応が聞こえてこない。
上流に進むにつれ流れは次第に細くなる。
小さな落ち込みにtaki_minnowフローティングを投げ入れた。
何度も修理を重ねてボロボロになったミノーだ。
流れをクロスに引いてくる。
すると黒い影がぶわっと出てきた。
ワッシワッシと尾を振りつつ鼻っ面でミノーを確認しているようだ。
やがて獲物が岸に乗り上げ動かなくなるのを見てからゆっくり引き返していった。
その余裕から警戒心は感じられない。
「こりゃもう一度追ってくるな、動画撮ろうかな、ビデオをセットしようかな」
いや、経験上直ちに再キャストするべきである。

するとほら!
出てきた!
追ってくる!

食いそう、あっ、食うかも、食え!

食った!

このサイズのイワナなど過去に何度も釣っている。
しかし川幅に似つかわしくない大きさ、そして綺麗な紫、もう大満足だ。

単に魚の数や大きさではなく、まして道具やスキルでもない。
魚釣りで自慢できるものは「どれだけ楽しんだか」その一言に尽きる。

若い一尾に救われた、でも。。

初心者からベテランのお爺ちゃんまでが「わ~っ」と押し寄せる超お気軽有名スポット、
その駐車スペースに来てみたら車が一台もない!
やった!
大急ぎで支度する。
ウェーダーを履き終えラインを結んでいると軽自動車がやってきた。
30代男性、手際よく車内から4リットルボトルを取り出し足元に置く。
中には黒い液体が入っている、おそらく竹酢液だ。
これはヒル対策に使われるものだがウェーダーを履く僕らには無意味なもの、彼はおそらくハイカーだろう。

その後すぐにカックイイ車も来た。
降りてきたのはやはり30代男性、降りてすぐに用をたしてんの 笑。。
八王子ナンバーかぁ、遠くから来たのにちょっと可哀そうだな、一匹釣れたら先行させてあげよう。

先日までアブラゼミがわーわー鳴いていた渓も今では静まりかえっている。
ただただ水の音に包まれ気持ちいい~

P9308511_R.JPG

ところが長い時間釣り上がるも水中からはウンともスンとも聞こえてこない。
まったく魚の気配がないのだ。
入渓時のわくわく感はやがて不安感となりネガティブな言葉を繰り返すようになる。
当然キャストやリトリーブはいい加減で他の事を考えながら巻いたりする。

「あっ!!来た来た、追ってきた!!」

尺近い黒影がす~っと寄ってきて taki_minnow を今まさに咥えようとしてる!
ダレきった体に緊張の稲妻が走る。
「食え、食え、」
ところが「あれっ、あらっ、、」ミノーが石の間に挟まって動かなくなっちゃった!
急にストップした獲物を「なんだぁ?」という感じで見ている渓流魚(イワナかヤマメかわかんなかった)。
そのままフラッと戻ってしまった。

P9308519_R.JPG

川原で昼食をとっているとハイカーが数人通りすぎる。
頂上を制した、その満足気な顔に嫉妬する。
「俺も満足したい」

ゆったりとした流れにルアーを投げる。
音もなく水面に吸い込まれ、悩ましく腰を振る僕の相棒。
その妖艶さにたまらず食いついた若いヤマメが本日ただ一匹の釣果だった。

P9308496_R.JPG

フックを咥えたまま物凄い勢いで暴れるのでケガをさせてしまった。
写真を撮り終え、川に戻すとハイスピードで逃げて行ったので大丈夫かな。

流れに立ちつつ見上げると若いハイカーが二人、林道を全力で走っている。
しかしやがて立ち止まり今度はそろって踊りだした。
高校生かな新しいスタイルの登山なんだな。
しばらくしてそれは間違いと知る。
たぶんヒルだ。
ヤマビルの茂みから走って逃げ、林道に出たところで体中に付いた吸血悪魔を取り払っていたのだ。
それが踊るように見えたのだろう。

僕も同じようにトレイルロードを歩いて戻る。
10歩進んではヒルを払い、川に入ってしばらく休んではまた進む。
以前は対策に積極的に取り組んでいたが、最近はもう諦めてしまった。
しかたない、これが東丹沢だ。
歳かね、ははは。。

泣いて笑って楽しんで

テレビでは「台風が来るぞ~!」と言っている。
むむむ、台風なんか来たらしばらく谷に入れなくなるかも知れない。。。
そう思ったら居ても立ってもいられずウェーダーを肩に掛け、偏光グラスを口にくわえロッドを鷲掴みにして渓に向かった。

P7048248.JPG

同じような事を考える人がいるもので準備をしている最中も時折車はやって来る。
「僕はここで釣りをするので他の川へ行ってくださいオーラ」をぷんぷん匂わせているとすべての車がユーターンしていった。
とは言ってもここは東丹沢、釣りをしているそばから追越されてゆくのが常である。
それが嫌ならのんびりした釣りはできず足早に進むしかない。
数キロ釣り上がったところで先行者の姿もなくやっと安堵、この先は自分のペースで釣れるだろう。

実は今日のドラグは緩めにしてある。
いつも18cm程度の魚しか相手にしていない僕にはドラグを鳴らした経験が少ない。
そこでちょっとした遊び心とでも言うのだろうか、今回は小さな魚でもジーっと鳴るように設定した。

川岸にホタルブクロがゆれている。
その周辺を黄色い蝶が賑やかに舞う。
先行者も後続者もいない川でのんびり釣り始めた。
座布団ほどの溜りにポンとミノーを投げ入れる。
するとグググッ!
いきなり来た!
大きい!

あぅぅ!!
なんだこれ、巻いても巻いても魚が寄ってこない!
ジーーーーー。。。
ドラグが!
やっとの思いで目前まで寄せたもののあえなく魚は水の中へ、「逃げていった」と書くのが普通だが、実はその魚。。
僕の足元に寄り添いながらすま~した顔して泳いでる。
そーっとミノーを水中に垂らし、ヤツの横っ腹に近づけて思い切り引いた。
引っ掛け釣りである。
(動画などでは優しくリリースしているが実は僕にはそういう一面がある)
しかしスルッとかわす素早い魚、何度か繰り返していたら先方も飽きちゃったみたいでフラリと上流へ消えていった。

完敗。。である。

P7048217.JPG

滝の手前で良型が追ってきた。
以前ここに書いたセオリー通り、ミノーを定位させ縦横無尽に躍らせるとガツン!
正しく設定されたドラグにも助けられ無事にネットイン、あぁ良かった。

滝の下ではものすごく強い魚信があったけれど力ずくで引いても上がらなかった。
以前ここで紹介したバラシの瞬間動画のときもそうだけど、僕は大きなネイティブを上げることができない。
管釣りや宮が瀬ダム上で釣り上げた経験はあるが純天然魚の引きとはちょっと違うかも。
何かコツがあるのかな、それとも5万円とかするロッドなら上がるんだろうか?
バーブ付きのトレブルだったら?など色々考える今日この頃、あっそうそう、「尖った針を使わないフック的なもの」アイデアがすすんできたけどそれを付けると肝心のルアーが泳がないんだよなぁ、フックが抵抗になっちゃって。
こんな感じで釣行に出るたびに宿題をかかえて帰る日々、それもまぁ楽しい。

ヒル対策 その4?5?もぉ何番だっけ

今までヒル対策グッズを色々開発してきたけどすべて彼らに突破された。
どの作品も凝り過ぎてたのかもなぁ。。
というわけでもっと単純なものでテストしてみることにした。

IMG_20170622_132032646.jpg

グラベルガードの上に布製のバンドを巻く。
ウェーディングするとそれが濡れる。
陸に上がるときは濡れた布製バンドに塩をこすり付ける。
すると下からあがってくるヒルが塩にビビッて地面に落ちる、というアイデア。

結果はだめ。

しっかり腕をチューチューされました。

残念、また頑張る~

水量期待したんだけど

昨日ガンガン雨降ったので「今日は絶対釣れる」と自信満々で渓に向かった。
ところがどうだ!
相変わらずの渇水。。。うそ~!

P6228149.JPG

魚も警戒しちゃってあまり遊んでくれなかった。
大きい型も追ってきたんだけどなぁ。

下の写真が今日の標準サイズって感じ↓↓
可愛いね、でも綺麗だね。

P6228179.JPG

相変わらず活性高いのがヤマビル!
もう習性わかってるし、食われないだろうとタカをくくってた。
でも今日は血を見たよ、ちくしょー
昨年色々あり遭遇したのはひさしぶり、その間あいつらパワーアップしやがった!
飼って研究したこともあるので「水際」に来ないことは知っていた。
ところがそれは一世代前のヒル、今の種は水浸し地面でも浅ければ来るねー、鼻息も荒くせっせせっせと水を越え僕のシューズまで渡ってきた。
過去に腕や頭、さらにマブタにまで食いつかれたこともあったが、一番多く経験したのは首と手首だ。
やつらは美味しい血の流れる場所を知っている。
いつも思うんだけど「蚊」と「ゴキブリ」、そして「ヤマビル」は世の中の生態系のどの辺に役立っているんだろう。

車に戻ると餌師と会った。
「もう少し水があると思ったけどなぁ」
「僕もそれを期待して来たんです」

帰り道、別の支流を見たらたっぷり水が流れてた。
場所選定のミスみたい、でもいいや綺麗なヤマメが見れたから。

雨がほしいですね

グィ!っと合わせた瞬間に「バットが頼りない」って思った。
前回の釣行で大物をバラしたのをキッカケに「こりゃ、いよいよロッドを換えなきゃ!」と決心。

大物バラした!悲しき瞬間 涙;;

なので一本購入、って言ってもメインロッドではないよ。
自転車釣行で使うための短い仕様。
今回はこれを持って釣行して来た。
取り回しはいいし、キャスティングもしやすい、でもtaki_minnow の扱いには苦労したな。
まだ慣れないだけかな。

いずれにしてもメインで使う信頼のロッドを見つけなきゃ。
「これ買っておけば無難だろう」とか「お金出せばきっと良いロッド」ってのはナンセンス。
僕のミノーとの相性、これがけっこう難しい。
taki_minnowってヒラウチで食わせるミノーじゃないんです。
ドックウォークみたいな感じだったりストップ&郷!だったり。
一番効果的なのがシェイキング(ぽいやつ)。
追ってきたら鼻っ面で止めて竿先を振る。
するとミノーが定位置で上を向いたり横や斜め、そして下を向く。
魚が食ってくるコツコツという魚信を感じたら動きを止める。
するとグググッっと引くので合わせを入れる。
これがかなりの高確率で釣れてくれるんだ。
ただこれを頻繁にできるロッドって少ない。
高価であれば良いってもんじゃない。
今までで一番操作しやすかったのはディスカウントショップで買った無名の振り出しロッドだった。

今丹沢は水少ないよぉ。

IMG_20170617_101559098.jpg

もう少し雨が降ってくれたら釣りも面白くなるかな。

ケツWood新色に良型イワナがきたよ。

IMG_20170617_122058494.jpg

本当はもっと立派なイワナが釣れたんだけど写真撮る前に逃げちゃった!
釣れた後に小さな溜りにイワナを入れてポケットからカメラを出そうとしていたらヌルヌルと岩の間に入ってしまった。
それを探して「イワナ掘り」、やっとの思いで尾が見えた。
尾をつまんで引っ張り出したらまた消えた、の繰り返し。
仕舞いには完全に隠れてしまった。
でもなんか可愛い 笑。。

↓↓↓この写真のイワナは大きくはないけどお腹が紫色のラメ色に輝いてとても綺麗だったよ。

IMG_20170617_105308580.jpg

でも僕の携帯カメラじゃ再現できなかったな。

色々と試しながらの釣行なので今回も動画はなしです。
雨雨降れ降れ~

世代を超えたお友達

先週末は梅雨入り直後にもかかわらず晴天に恵まれラッキー!
普段の渓で上を向いて歩くことなんて少ないけどこの新緑の季節は森を眺めないと損するね。

IMG_20170610_131052225.jpg

まだ雨がないので水位は通常より15センチほど少なかった。
でも魚は元気。
体をくねらせミノーを威嚇し体当たりしてきたヤマメ、釣れたのはいいけど残念ながらスレ掛がりだった。

IMG_20170610_105716248.jpg

イワナとヤマメの混生地区だけどヤマメはこの大きさがスタンダード、イワナはもっと大きいのがいたよ~。

今日のメンバーの中に20代のこがいたけど純粋だ。
サルがね、いたんだよ、猿が。。
たぶんボスだと思うんだけど堰堤の上から僕らに向かってキーキー叫んだあと群れと一緒にどこかに消えた。
その後魚影もパッタリなくなった。
するとその20代が「お猿たちが水の中で遊んだから釣れないのかなぁ」なんて言う。
かわいいよね~、40代以上の方々と同行しても聞くことのないフレーズをたくさん聞けて面白かったよ。
「仕事と家庭の疲れから解放されるために渓に来る」みたいなのは全然なくてただただ無邪気、ついでに還暦が見えてきたおじさんも無邪気に遊ばせてもらったよ。

IMG_20170610_094410701.jpg

最近は若い人と同行することも多くなったが、古いアングラーは「渓流魚は頭がいい」とか「警戒心がハンパない」とか魚を必要以上に難しいターゲットにイメージしすぎなのかも知れない。
こんなこと言うと若いアングラーに大変失礼かも知れないけど、ルアーを始めたばかりの中学生が誰かが釣ったポイントめがけて数人同時に何度もキャストする光景、ちょっと渓流ルアーにそんな感じのエッセンスがこの世代からミックスされてきている気がする。
今回同行してくれた彼らも先行の二人がキャストした後のポイントで十分遊べてた。
自分が後続者だなんてまったく気にしていない様子だ。
5月初旬に同行してくれた若い二人も小さな淵に同時に何度も投げて立派な型をあげてた。
彼らが使っているのは6センチだったり派手にアピールしながらスイムするミノーだったり、なんだか僕の認識していた渓流釣りそのものが大きく覆されてきている。
ホームページの「釣り方」のコーナーも消すか書きかえないといけないだろうな。

「ツリキチサンペイ」を知らない「シラケ世代」と「ゆとり世代」のコラボ釣行、なかなか楽しかった。